その記憶にタグはあるか

ネットの情報を鵜呑みにするとかってのが批判されるのだけど、まぁその通りで、鵜呑みにするのは良くない。ネットって「誰でも自由に発言できる」場所なので、間違いや勘違いがいくらでもある。複数のサイトで同じ意見になってても、それはどこかの情報源からコピーしただけかもしれない。まぁとにかく鵜呑みにできない。

それに、例え学術書であっても鵜呑みにするのは良くない。場合によっては「という説もある」って注釈をつけるべきことも多々あるし、「今は主流の捉え方ではない」とか「今は主流の捉え方になっている」とかあるし。

それにそれに、実体験だって鵜呑みにできない。「自分が体験した状況ではそうだった」だけかもしれないのだから。

ということで、鵜呑みにできる情報なんてないってことになる。

でもだからって、どれも信用できないかって言うとまったくそうではなく、どれもある程度は信用できるのが現実だと思う。そこで重要なのが「ある程度」ってのが画一的じゃないことで、情報源の確度や、その情報を持ち出すシーンによっていろいろと考慮する必要がある。

例えば論文で参照する情報は論文的に確度の高い情報である必要があるだろうし、日常的で些細なことなら Twitter で見かけた確度の低い情報で十分幸せになれる。

だからとにかくシーンに合わせてその都度の判断をしなきゃいけない。その判断基準として情報源は何かってことが重要になる。そうすると情報と一緒に情報源も記憶しておかないといけないわけだ。でも古いことまでいちいち子細に覚えてらんないよね、ってのが現実だと思う。

そこでタグ。「噂話」、「テレビ」、「本」とかとかいうタグと一緒に覚えておくといい。

このタグなんだけど、パソコン上のシステムじゃないんだからラベルをペタッと貼るみたいにはできなくて、じゃぁどうするのかと言うと雰囲気とか、印象とか、イメージとかそーゆーあたりを使うことになる。テレビの情報なら「自分が持ってるテレビってもののイメージと結びつけて覚える」みたいな。このあたり感覚的で脳科学的なとこがあるから、明確にどうと僕には説明できないんだけど。

そんなわけで、タグを使うなりして情報と情報源はセットで覚えるのが理想的じゃなかろうか。

うんこハゲの憂鬱

「うんこハゲ」ってなんか語感とか悲惨さが面白くって、だから「何かを悪く言うツイート」で使ったらツイート自体は面白くなるかもしれない。でも実際にうんこハゲな人がそれを見たら不快な思いをするのだろうし、じゃぁ使わない方がいいんだろうと思う。ただ、「そんなことばかりだったら世の中面白くないだろうな」と感じてしまう。まぁそのあたり、うんこハゲのいないところで言えばいいだけのことなんだけど。

いやしかし。近年は SNS が大人気でインフラと言っても過言じゃなくて、だからつい、鍵アカじゃない公の場にツイートしてしまう。ヒキニートの僕なんかにしたら、ツイートしないのは現実的に言葉を発しないのとすごく近くて、だから「うんこハゲ」って言葉を自制するのはとてもつまらない。面白くない。それってツイートする意味自体が減ってしまう。どうしよう。

ところで。今朝テレビでお笑い芸人が、デブの相方に向かって、デブであることをいじってた。僕はデブだから多少の引っ掛かりを感じたものの、でも気にならないし、ってか面白かった。じゃぁうんこハゲだって気にすることないし、気にしないで楽しんでくれたらいいよね。でも、楽しめない人だっているのだろうし、その人を責めることはできないし、尊重しなきゃいけない。じゃぁやっぱ「うんこハゲ」って言ったらダメなんだ。

ところでところで。最近、僕の Twitter の TL で人権尊重を訴えるツイートをよく見るようになった。それは世間でそういう風潮にあるって言うより、僕がそういうツイートに注目してて、 Twitter 側がそれを検知して優先的に見せてるってことだと思うのだけど、それはそれとして。

そーゆー意見を見るにつけ僕が思うのは「マイノリティが軽視されるのはある程度仕方がないだろう」ってこと。だって極端なこと言ったら人類で 1 人だけかかってる難病について「その人には誰もと同じように生きる権利を持っているのだから」って理由でガン研究と同じだけの費用をかけるわけにはいかない。悔やむふりして死んでもらうのが、その人以外の全人類を幸せにしてくれる。

だとすれば、そのあたりの線引をどこにするかって問題で、だから必ず軽視される人が出てくる。これはもうどうしようもない。 1 人のために人類揃って共倒れになるのは、少なくとも僕は嫌。勘弁してほしい。もし自分がその 1 人だったら、あらゆるものを呪いながらもどこかで理解はできると思う。

まぁ、そんなこんなで。現状「うんこハゲ」発言について気にすべき人はそう多くないだろうし、そう予想するなら、まぁ好きにツイートすりゃいいかって結論に至った。今までと同じ言動ってことに落ち着いたわけだ。

日本再生ののろしはみんなで上げよう

日本終了を予期する声が方々から聞こえてきて「いちいちもっともだよなー」などと思うのだけど、うつ病療養中につきヒキニートを卒業できない状態では「何もできないよなー」とも思う。でもたぶん僕のこれは、もしヒキニート卒業できても同じこと言ってるやつで、それなら今思ってる「何もできないよなー」は実のところそうじゃないのかもしれない。であるならば、何かできるはず。

じゃぁ何をするのか。いやぁ、これがまたさっぱり分からない。なんせお金ない、やる気ない、頭よくない、とかなんとかいろいろない感じで「下手の考え休むに似たり」というわけだから、誰かからお知恵を拝借したいところなわけだ(「知恵」って言葉を見ればネタでしか見かけないアレを思い出してしまうのだけど……)。拝借したっきり利子も払えない公算が高いんじゃないかと思うのだけど、そういうのをどうにかするうまい話が最近はあるっぽい。

クラウドファンディング。クラウドでお知恵をファンディングって寸法でどうにかならないかな、と。失敗したら「残念!」って許してもらうことにして(クラウドファンディングってそんなんじゃない気もするけど)、集まったお知恵を使って心置きなく日本再生的な活動をやってみるわけだ。とは言えクラウドファンディングのウェブサービスで募集したらコケるはず。別途専用のナニカを作らないと!

まぁでもその前に……既存の活動団体がないかググってみると「日本再生」を謳う組織なりなんなりはあった。首相官邸>>プ日本再生に向けて認定NPO法人 日本再生プログラム推進フォーラム再生日本21、とかいろいろ。マットーそうなやつやら怪しいやつやらあるけど、どれもこれもダメ。ヒキニートの僕にも活動できるようなことも提言してくれないとどうにもならない。

トップダウンが浸透するのを待ってたんじゃぁ遅いと思う。ってか焦れったい。いや、なんて言うか、みんなで協力すべきだろうに僕みたいなお荷物が強力するってったら自殺するくらいしか思い付かない。ボトムアップとか草の根活動とか、なんかそういうのもやった方がいいんじゃなかろうか。と、このことが話のきっかけだったか。

と言うことで、いい加減面倒くさくなってきたから要件。日本再生の誰にでもできる活動を提案したり支援したりするサイトを誰か作って。草の根活動とかって言ってる僕がやるのが筋だろうとは思うけど、まぁそれは頭のイかれた奴の戯言にしかならないっぽいし、なんかこう、みんなでそういう意思を表明して日本再生ののろしを上げちゃぁどうだろうかと思う次第。僕はこのブログ記事を書いたから満足。満足!

2017-09-26 09:17

ちょい小説書くやる気がなくなった。早朝2時頃から書いてたのは深夜枠で、今は日中枠だから精神体調的に別物。今の精神体調が悪いワケじゃないけど小説を書くには方向性が違うというか、何というか。