話のネタの発想に情報カードを使う

情報カード
情報カード

話のネタの発想情報カードを使っています。なにがしかの権威である梅棹忠夫氏が考案しただかなんだのカードなんですが、ペラペラめくって眺めるのにちょうどいい大きさと厚さをしています。

ここに何でも思い付いたことを書き付けていきます。ぱっと見で目に飛び込んでくるよう、僕はかなり大きな字で書いています(もうちょっと小さくすべきだったと後悔してますが)。

で、話のネタを考えるときに、ぺらぺらとめくっていろいろと連想していくんですね。新しい発想はその都度書き込むといいのです。

そして、眺めていて「これは使えるかも!?」とか思ったものはノートとかに書き出していって、練ります。僕はもっぱらホワイトボードに付箋を貼っていますが。

ということで、これ結構いいですよ。おすすめです。