漢字にするか、ルビを振るか、平仮名に開くか

小説執筆にあたって決めておかないといけないことの1つに「漢字にするか、ルビを振るか、平仮名に開くか」というのがあります。僕の中で最近になってようやくそのポリシーが固まってきたので紹介します。

基本は漢字を使う

文中で平仮名が続くと読みにくいとの考えから基本は漢字を使うことにしています。これだとどうしても不自然さが出てしまうような気がするのですが、「じゃぁ漢字にするかしないかの線引きをどうするのか」というようなことになり、いっそのこと……! というわけです。

常用漢字表に含まれないものにはルビ

常用漢字表に含まれない、または含まれるが読みが記載されていない場合はルビを振ることにしています。常用漢字表とは文化庁の説明によると「一般の社会生活において,現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安を示す」ものだそうで、きっと偉い人が集まって導き出されたものでしょうから、そこに含まれる漢字はみんなが読めると期待されるわけです。

それでその常用漢字表は常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)からダウンロードできるのですが、その名のとおり漢字の表です。文章を書く際には熟語で使用し、その熟語に含まれる漢字を1つ1つ探すのはとても面倒です。また、常用漢字表にない読みの場合には探しようがありません。そこで辞書の登場です。

常用漢字表
常用漢字表

辞書

国語辞典によっては常用漢字表に関する記述のないものがありますが、例えば三省堂 新明解国語辞典にはといった記号で常用漢字表にないもの、読みが含まれてないものなどが分かるようになっています。最新の常用漢字表は平成 22 年、すなわち 2010 年に告示されていますから、三省堂 新明解国語辞典では第七版以降が正確に対応しています。辞書を買うなら常用漢字表への配慮があるものを求めたいところです。

辞書サービス

もっと手軽で安上がりな方法は辞書のウェブサービスを使うことです。三省堂 大辞林を基底にしている Weblio辞書がいいかと思います。これも▼や▽といった記号で常用漢字表にないもの、読みが含まれてないものなどが分かるようになっています(紙の辞書とは配置が違いますが)。

Weblio辞書

記者ハンドブックも参照

漢字で書くか、平仮名に開くか、文脈に沿うには記者ハンドブックを参照します。

例えば「かける」です。「売り掛け、電線を架ける、命を懸けて、金品を賭ける」などは漢字、「圧力をかける、扇風機をかける、目をかける」などは平仮名で書くように示されています。このように、どの漢字を選ぶこともできず平仮名書きが一番いいようなシチュエーションを見極めるのに使っています。

記者ハンドブックに書かれていることは前述と合致しない部分もあるのですが、記者ハンドブックの優先順位を下げることで対応しています。