中世ヨーロッパ風ファンタジー世界の都市の人口

ファンタジー小説の都市でも現実世界の都市の規模を参考にするのではないでしょうか。例えば中世ヨーロッパをモデルにした作品なら、当時の都市の人口などが気になるところです。ここでは実際の中世ヨーロッパの都市人口を、さらにおなじみの冒険者人口から都市の規模を考察します。

実際のところ

中世ヨーロッパ

まずは「中世ヨーロッパっていつなの?」という話から。

あまり難しい話でもないのでウィキペディアのページ「中世ヨーロッパ」を参照すると下のようにあります。

  • 5世紀〜10世紀のヨーロッパについては 「中世前期」
  • 11世紀〜13世紀のヨーロッパについては 「中世盛期」
  • 14・15世紀のヨーロッパについては 「中世後期」

と言うことで、 5 世紀~ 15 世紀西暦 400 年~ 1,400 年になります。

では、実際に中世ヨーロッパの都市の人口はどのくらいだったでしょうか。複数の資料を参照して下の記述を見つけました。

一万人以上の住民を擁する都市は、中世の尺度からすれば、それだけでもう確実に大都市であり、住民が二千から一万人の都市は中都市とみなされる。それ以下の人口であれば小都市であり、それらの大部分は五百人に達しない侏儒都市であった。人口が五万人かそれ以上ならば、中世においては「世界都市」といえよう。

西欧中世史事典―国制と社会組織― ( 240 ページ )

それでも、一三〇〇~五〇年に、推計ではあるが一〇万人以上の人口をもつ「特大都市」としてパリ(二〇万)、ミラノ(一〇~一五万)、フィレンツェ(一〇~一二万)、ヴェネツィア(一二万)、ジェノヴァ(一〇万)など、また四万人以上のインターローカルな「大都市」としてロンドン、ケルン、ヘント、ブルッヘ、ピサなどを挙げることができる。 ~ 他方、人口二〇〇〇人から一万人程度の「中都市」、二〇〇〇人以下の「小都市」が、フランスや神聖ローマ帝国の都市の八〇パーセント以上を占めていたことも事実であり、……

図説 中世ヨーロッパの暮らし ( 51 ~ 52 ページ)

この他、ウィキペディアのページ「歴史上の推定都市人口」も参考になります。

上記からすると、おおむね下のように考えることができます。

特大都市(世界都市)
5 万~ 20 万人
大都市
1 万~ 10 万人
中都市
2,000 ~ 1 万人
小都市
2,000 人以下

資料によって人口範囲に重なりがありますが、これは見ている年代の違いだと思われます。

冒険者から考える

作品の設定を考える際の順番として下の 2 種類があります。

  • 主人公の設定をして、彼が活躍する世界を創る
  • 世界設定をして、そこで活躍する主人公を作る

ここでは前者を採用し、中世ヨーロッパ風ファンタジーで主人公に人気の職業「冒険者」について考えます。つまり冒険者が快適に活躍するには、どのくらいの規模の都市が必要かということです。

想像する

冒険者が 1 つの大都市に何人くらいいるのが理想的なのかということについて、想像したり感覚で「ぱっと」思いつくものとして(僕の場合は) 1,000 人ほどはどうでしょうか。 1 パーティに平均 5 人のメンバーがいるとすれば 200 パーティある計算です。具体的に検証してまみましょう。

高校

身近な例として高校で考えてみます。 1 クラス 40 人で、 1 学年に 8 クラスとすると、 3 学年あるので、高校 1 校で 980 人となります。 1 校 700 人ほどが全国平均らしいのでなんとなく想像できると思うのですが、皆さんはどう感じられるでしょうか。

混み合い

もう少し考えてみます。冒険者ギルドは混み合う時間もあるかと思いますが、いろいろと作品を読んでいて大きな冒険者ギルドで受付窓口は 5 個とかあり、そこが混み合うわけです。その辺りを下のような数字にしてみました。

  • 窓口は 5 個
  • 一列に並ぶのは平均 5 パーティ
  • パーティのメンバーは平均 5 人
  • 混雑時に列がはける回数は 5 回

すると下のような計算ができます。

5 [ 個 ] x 5 [ パーティ ] x 5 [ 人 ] x 5 [ 回 ] = 625 [ 人 ]

さらに、危険な職業なので 2 日働いて 1 日休むとすれば、 1 日に活動しているのは全体の 2/3 となり、逆に全体の人数は上記の 3/2 倍、すなわち 624 x 3/2 = 937.5 [ 人 ] となります。想定の数字について皆さんはまた異なるものを考えられるかもしれませんが「このくらいで大きく間違ってはいないかな?」レベルの話だとこんなものではないかと。

と、言うことで。 大都市の冒険者の数は 1,000 人と仮定して話を次に進めます。

現代に置き換える

冒険者という職業を現代に置き換えると何になるでしょうか。下の 2 つの例を挙げ、それぞれについて具体的な数字を使って考えてみます。

  • 少数派職業
  • 軍事的職業

日本の少数派職業

誰しも食事をしないといけませんし、服を着たり、生活雑貨を使ったり、もちろん冒険者や騎士・兵士には武器や防具も必要で、これらを作ったりサービスを提供したりする職人はたくさんいることでしょう。もちろん冒険者だって必須の職業ですが、彼らを支えるのはやはり前述の職人たちです。そういった辺りから考えるとやはり冒険者は比較的少ないように思われます。

このことを現代日本に置き換えてみたらどうでしょうか。僕らが暮らす国で少数派職業従事者はどのくらいを占めるでしょう。例えば「労働力調査(基本集計)平成28年(2016年)平均(速報)結果の要約,概要,統計表等 [1] 」を参照すると「農業,林業」「情報通信業」「公務」などが比較的少なくそれぞれの就業者数は 200 万人くらいです。
それから「平成27年国勢調査結果確定人口に基づく改定数値(平成27年10月~28年6月) [2] 」を参照すると日本の総人口は 12,500 万人くらいです。
これらから、少数派職業の就業者比率は全体の 1.6% と、なります。

自衛官

冒険者は軍事的な側面が強い職業です。現代日本では日本の防衛を司る自衛隊の自衛官が近いのではないでしょうか。

防衛相・自衛隊のサイトにある防衛省・自衛隊の人員構成を参照すると 22 万人です。前述の日本の総人口 12,500 万人から自衛官の占める比率は( 0.18% ≒) 0.2% と、なります。

アメリカ軍

ところで自衛隊は専守防衛なのでちょっと雰囲気が違うかもしれません。そこでアメリカ合衆国の軍人を参照します。

ニコニコ大百科では締まらない気はしますが英語が読めないのでアメリカ軍とは (アメリカグンとは) [単語記事]を参照すると、予備役を入れず 144 万人です。
アメリカ合衆国の人口はグーグル先生が直接教えてくれます。これによると現在 32,310 万人です。
これらからアメリカ軍の比率は全体の( 0.44% ≒) 0.4% と、なります。

と、言うことで。一貫した数字ではありませんが 大都市における冒険者の比率は 0.2 ~ 1.6% くらいが目安になるのではないでしょうか。

さて、数字が揃いました。改めて、下のようなものです。

  • 大都市における冒険者の人数 1,000 人
  • 大都市における冒険者の比率 0.2 ~ 1.6%

以上より、大都市の人口は 6.25 万~ 50 万人と、なります。

総括

さてさて。そういうわけでざっくりまとめると大都市(や、特大都市)の人口として下の 2 つの数字が出てきました。

  • 実際の中世ヨーロッパ: 1 万~ 20 万人
  • 想像する世界: 6.25 万~ 50 万人

これらから、 大都市の人口は 1 万~ 50 万人となります。比較するとかなり大きな違いがありますが、この辺りは想像の世界の自由度が大きいということで、まぁ、お茶を濁そうかと。

参考資料

総務省統計局が下のように明記しろと言っているので書いておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください